髪にいい食べ物

髪の毛にいい食べ物と言ったら、海藻と答える人が多いと思いますが、その効果もはげにならないからとか、髪を黒くするとか、毛が生えるからなんて聞きますが、現在では前年ながら直接の効果までは期待できないようです。 海藻はミネラル分が多く含まれていて、髪によい商品であることは間違いありませんが、いくらかミニ良いからと言って、それだけ食べていては、栄養のかたよってしまいます。

ワカメにはぬめり成分にはフコダインという成分があり、免疫力を高めてくれたり、コレステロールや中性脂肪の低下作用、胃の粘膜保護作用、抗酸化作用があることが多くの基礎研究や、臨床試験によって、確認されています。このことから、老化防止に働きかける非常に有効な成分となり、髪にいいと言い伝えらるようになったみたいです。

髪の毛には硫黄を含むアミノ酸シスチン・メチオニンなどがあり、これらのアミノ酸を含むたんぱく質をとることも、大事です。

大豆、オートミール、レバー、卵、肉など

髪の原料はケラチンというタンパク質です。これは複数のアミノ酸によって構成されています。

あと、ビタンミン・ミネラルも髪の毛を生産するのに必要な栄養素です。

このように海藻ばかりででなく、血液や毛髪を作るたんぱく質、皮膚の新陳代謝を活発にして、細胞活動を助けるビタンミンB2やB6などのB群を多めにとるようにしましょう。タンパク質を合成するときに必要な亜鉛などのミネラルもひつようになるので、バランスよくとって健康な髪を取り戻しましょう

育毛・発毛についてはこちらも参考にしてください。

タグ ,